偽物が出回っているブランド

Posted by okita on 28th 4月 2014

高級ブランド品には殆どの商品で偽物が出回っています。
一般的には、財布や鞄などが多いとされていますが、100万円を超える様な高級腕時計や、高級ライターの偽物も出回っています。
具体的に財布や鞄を例にブランド名を挙げるとグッチ、ルイヴィトン、シャネル、エルメス、コーチ、ブルガリ、ボッテガヴェネタ、ドルチェ&ガッバーナ、プラダ、バーバリー、カルティエ等があります。
時計を含むと、ロレックス、ウブロ、オメガ、フランクミューラー、アルマーニ、等もあるんです。
もちろん、シャネルやルイヴィトン、グッチ等の偽物腕時計も出回っています。
ライター等では、デュポンが目立って出回っているのが伺えます。

ルイヴィトンや、シャネル、グッチ等の海外ブランド物には様々な偽物も出回っています。
髪飾り、携帯ストラップ、スマートホンケースに始まり、寝具や手鏡、靴、マフラー、ズボン等の衣類にも偽物があります。
中には、ティッシュケースや、長靴等も、ルイヴィトン、シャネル、グッチの偽物があります。
また、偽物ブランドに関してはかなり精巧に作られていることが多く、中々偽物と本物の区別が分かりづらい商品もあります。
得に、ルイヴィトン、シャネル、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ等の偽物ブランド財布や鞄、ロレックスやシャネル、フランクミューラー等の偽物ブランド時計類、デュポンの偽物ライターでは一般の人にはかなり偽物と区別がつきにくいです。
ですが、中にはかなり作りが粗悪な偽物ブランドもあり、シャネルブランドの高価買取ならこちらなど店舗にいけばすぐに判別をしてくれます。

長財布の小銭入れスペースの内側が違う素材のものであったり、違う色で作られています。また、折り財布の折りの部分ののり付けが雑に作られてあったり、ブランドのロゴプリントが半分擦れてなくなっていたりします。
偽物が出回っているブランドは沢山あり、また本物と偽物の区別が付かないほど精巧に作られていたり、逆にかなり粗悪に作られている事もあります。
得にルイヴィトン、シャネル、グッチ等は多いです。

Categories: ブランド
44月

本物のヴィトンの見分け方は字体と製造番号に注目!

Posted by okita on 28th 4月 2014

ルイ・ヴィトンはブランド品の中でも、最も偽物が多く出回っているといえます。
その多くは、素人ではなかなか見極めが難しく、知らない間に偽物を本物と勘違いして購入してしまうことがあります。

本物のヴィトンの見分け方は、いくつかポイントがあるのですが、分かりやすく、ざっくりいえばロゴの字体にあります。
素人でも、まずは字体に注目すると思うのですが、だからこそ余計に本物のヴィトンの見分け方が巧になっているといえます。

偽物は「LOUIS VUITTON」の字体が、全体的に角ばった形になっています。
ハッキリし過ぎているといったほうが分かりやいかもしれません。
特に、made in Franceの「i」の上の点が、偽物だと、大きく穴をあけたような雑な形になっています。
本物のヴィトンは、目立った点ではなく、もっと小さな点です。

それから、「LOUIS VUITTON」の下に「PARIS」の文字が入っているのですが、「R」の文字が、よく見ると、縦の線から曲線にはいる部分が、はみ出ていることが多いです。
ですから字体でいえば、この2つのポイントが、偽物と本物のヴィトンの見分け方になります。
特有のロゴマークが、明らかに角ばっていて、雑な点の形になっていれば、怪しいとみて間違いないでしょう。

それから、本物のルイヴィトンにある製造番号ですが、まずは偽物だと製造番号自体が無いこともあります。
無いということは、どこで製造されたかも分からないということで、偽物ということになります。
ロゴと同じく、数字の字体や位置もまったく違い、偽物だと数字の上に、妙なボタンが付けられています。

バッグのファスナーに部分にも、ロゴが入っていますが、偽物だと文字が横に広がっていて、ファスナー字体もフォルムがまったく違います。
また、字体を囲む線のラインと、細さにも違いがあり、偽物は細いものと太いものが混ざり混んで、幅が一定していません。

このように、偽物と本物のヴィトンの見分け方には「字体」にポイントがあるのです。
購入するときには、ロゴの字体とライン、製造番号やボタンの有無についてチェックしておく必要があるので、気をつけてください。

 

 

 

 

44月

偽ブランド品にご注意

Posted by okita on 28th 4月 2014

私は、ブランド大好き人間で、バッグや、洋服、海外のブランド品以外身につけません。でも、仕事を転職し、収入が減った今、もう、ブランド品買えません。欲しいシャネルのウンストミンスターパールズバッグというのがあって、海外に電話かけてさがしましたが、日本には送ってくれないとのことで、断られました。さて、高いけど日本で買うしかありません。
楽天やヤフオクや、人気のスカートの通販サイトはこちら取等、ネット上にありとあらゆる、サイトで、かけて、検索しました。あった!と思ったら、売り切れました。の文字です。それで、ヤフーの検索欄にシャネル、と品番入れて検索したら、めちゃくちゃやすいのが、出てくるでは、ありませんか?
でも、どうみても、その掲示板が、中国の人が作った感じ満載なのです。
いちど、返品OKところがあったので、まあ、どんなものか、ためしにコピーを買ってみました。やってきましたが、よっぽど、その商品に精通してる人しかわからないような感じでした。でも、包みも偽者だしシリアルナンバーも偽物。

勿論即返品です。とりあえずお金は帰ってきたので、良心的なみせでしたが、、やはり、コピー商品をもって、シャネルや他のインターナショナルブティックには、行けないと感じました。

韓国で、韓国人のお医者さんに教えてもらいましたが、めちゃくちゃ精巧なプラダノの店があるらしくて、慰安旅行で、女の子連れて行ったら、泣くほどよろこばれたらしく、見分けがつかないそうです。

でも、その先生、大金持ちなのに、何を考えているのか、私を食事に誘ってくれたとき、大きな書類かばんをビトンのタイガで、持って来ました。これ偽物やねん。ほんま物は、高くて買えないといってました。不思議です。お金持ちって、わかってる人が、持っていたら、偽者も本物に見えるのですから。中は、ダンボールでできているとかいっていました。先生が言うには、時計と鞄と靴さえ、いいのを持っていれば、洋服に、ジュエリーにお金をかけるほど、もったいないこと無いのが持論でした。そういいながら、偽者の鞄を持つ先生に一言も反論できない私でした。

Categories: 海外バッグ
44月

偽ブランド バッグ

Posted by okita on 28th 4月 2014

私は楽天市場の中にある宝石ショップの懸賞に応募して、ルイヴィトンのスピード35のバッグが当りました。すごく嬉しくて、楽しみにしていたのですが、送られて来たルイヴィトンはどうみても偽ブランドのバッグだったのです。
まず、ダンボール箱に入っていて、ルイヴィトンの箱に入っていませんでした。それにバッグの中をみると新聞紙が丸めて入れられていて、本物のルイヴィトンではあり得ない形で送られて来たのです。
そして、ルイヴィトンの本物と偽物の見分け方で有名なのは、ルーペを使って、バッグの表面を見ると、本物はランダムな形にロゴが塗られているのに対して、偽ブランドはきちんとした形の印刷になっていると言う点からも偽物だとわかりました。
ちゃんとした宝石のお店なのに、偽ブランドのバッグを懸賞の賞品に使うとはどういうことなんだろうと思いました。
他にも、キャビンアテンダントをしている友達が偽ブランドのバッグを買って来て使っているのを見ました。香港から中国の国境を過ぎたところにあるシンセンという町にはよく出来た偽ブランドが売っているそうで、そこで手に入れて来ているそうですが、見せてもらいましたが本当に本物と同じように作られていて、偽ブランドとはわからないような感じの出来栄えで、知らなければ、本物だとおもってしまいそうな感じでした。
やっぱり偽ブランドのバッグで一番多いのはルイヴィトンのバッグだと思います。友達が持っていたバッグもルイヴィトンのデニムの生地を使ったバッグでした。そのバッグを持ってルイヴィトンの店に入っても偽物だとわからないくらいよく出来ていました。偽ブランドのバッグの出来栄えを見ていると、本物に高いお金を出して買うことに疑問を持つようになってきました。
偽物でもちゃんとしているのだったら、偽物も本物もないような気がするのです。偽ブランドのバッグは本当に困ったものですが、実際に自分がつかませられると不快に感じます。

Categories: ヴィトン
44月