偽ブランド バッグ

Posted by okita on 28th 4月 2014

私は楽天市場の中にある宝石ショップの懸賞に応募して、ルイヴィトンのスピード35のバッグが当りました。すごく嬉しくて、楽しみにしていたのですが、送られて来たルイヴィトンはどうみても偽ブランドのバッグだったのです。
まず、ダンボール箱に入っていて、ルイヴィトンの箱に入っていませんでした。それにバッグの中をみると新聞紙が丸めて入れられていて、本物のルイヴィトンではあり得ない形で送られて来たのです。
そして、ルイヴィトンの本物と偽物の見分け方で有名なのは、ルーペを使って、バッグの表面を見ると、本物はランダムな形にロゴが塗られているのに対して、偽ブランドはきちんとした形の印刷になっていると言う点からも偽物だとわかりました。
ちゃんとした宝石のお店なのに、偽ブランドのバッグを懸賞の賞品に使うとはどういうことなんだろうと思いました。
他にも、キャビンアテンダントをしている友達が偽ブランドのバッグを買って来て使っているのを見ました。香港から中国の国境を過ぎたところにあるシンセンという町にはよく出来た偽ブランドが売っているそうで、そこで手に入れて来ているそうですが、見せてもらいましたが本当に本物と同じように作られていて、偽ブランドとはわからないような感じの出来栄えで、知らなければ、本物だとおもってしまいそうな感じでした。
やっぱり偽ブランドのバッグで一番多いのはルイヴィトンのバッグだと思います。友達が持っていたバッグもルイヴィトンのデニムの生地を使ったバッグでした。そのバッグを持ってルイヴィトンの店に入っても偽物だとわからないくらいよく出来ていました。偽ブランドのバッグの出来栄えを見ていると、本物に高いお金を出して買うことに疑問を持つようになってきました。
偽物でもちゃんとしているのだったら、偽物も本物もないような気がするのです。偽ブランドのバッグは本当に困ったものですが、実際に自分がつかませられると不快に感じます。

Categories: ヴィトン
44月